[1] コンテンツ東京 特別講演

無料/事前申込制お申込はこちら
  • 2016年6月29日(水) 10:30~11:30PD-S<制作・流通コース>

    お申込み

    Netflixはどう見る?日本・アジアのコンテンツ産業と目指す未来

    Netflix(株)
    インターナショナル・コンテンツ バイス・プレジデント
    デイビッド・リー

    昨秋の上陸以降、世界最大のインターネットテレビ事業者は、日本のコンテンツ産業・視聴者をどう見ているのだろうか。視聴傾向など見えてきたことに触れながら、日本のコンテンツの強みや世界に向けてオリジナル作品を制作する上でのポイント、またアジア市場を含めてNetflixがこれから目指す未来について語る。

  • 2016年6月30日(木) 10:00~12:15T-S<先端技術コース> ※同時通訳

    お申込み

    ピクサーの最新制作技術と、クリエイティブなカメラテクニック

    Pixar Animation Studios Camera Operator
    Sandra Karpman


    ハリウッドからピクサーのカメラ演出の責任者が来日!ピクサーのワクワクするストーリーがいかにして作られているのか、観客の目を楽しく導くカメラ演出の視点を通じて解説する。ピクサーの最新の制作技術を直接学ぶ、プレミアムなセッションを聞き逃しなく。

    お申込み

    VRでエンターテイメントは進化する
    ~歴史から学ぶ未来と、最新の技術動向~

    東京大学 名誉教授
    舘 暲


    初代VR学会会長を務め、現在もVRの研究やイベントのプロジェクトリーダー、実行委員長などとして分野を牽引し続けているVRのパイオニアの舘教授。VRの歴史を振り返り現在の取り組みへのアドバイスを行うと共に、「エンターテイメント×VR」の潮流について、最新技術動向・事例に触れながら、未来への指針を示す。

    お申込み

    タイムマシン、消費予報、未来日記…
    実現の鍵、「時間軸コンテンツ」とは?

    東京大学大学院 情報理工学系研究科 教授
    廣瀬 通孝


    近年AI、ビッグデータ、VRなどの技術分野が注目しているのが、時間軸上のデータを用いた予測である。バーチャルタイムマシン、消費予報、未来日記など、適切な予測にもとづいて人々の行動を誘発する「時間軸コンテンツ」について紹介し、エンターテイメントへの活用に向けた今後を展望する。

  • 2016年6月29日(水) 13:00~14:00M-S1<販促・マーケティングコース>

    お申込み

    コンテンツ、デジタルの力を活用したトヨタのマーケティング戦術

    (株)トヨタマーケティングジャパン 取締役
    土橋 代幸

    人気声優が歌う新型車のテーマ曲、スポーツカーマインドを刺激する動画、AKB48とのコラボなど、重要ターゲットである若者に届けるために、コンテンツを軸としたアプローチに力を入れているトヨタ。これまでの企画とその効果や、デジタルへの取り組みを紹介し、マーケティング戦術の今とこれからを語る。

  • 2016年7月1日(金) 13:00~14:00M-S2<販促・マーケティングコース>

    お申込み

    データドリブンで進化する資生堂のマーケティング
    ~WEB×リアル、CRM、動画、SNSのトータル戦略~

    資生堂ジャパン(株) ダイレクトマーケティング部長
    笹間 靖彦

    5000万PV 250万人の会員数をもつ資生堂のオウンドメディア「Watashi+」。そのデジタル施策で得たデータをマーケティングに活かし、店舗との連携もはかることで、新規顧客獲得や売上増加に繋がっている。動画広告やSNS活用も取り入れ、トータルで構築された戦略の全貌を責任者が語る。

  • 2016年7月1日(金) 10:00~11:30A-S<AI・人工知能ワールド>

    お申込み

    小説、音楽、ゲーム、絵画…
    人工知能が「作品」を生み出す日

    公立はこだて未来大学
    副理事長 兼 システム情報科学部 複雑系知能学科 教授/
    (一社)人工知能学会 会長
    松原 仁

    囲碁チャンピオンに勝利したことで、一層の注目を集めるAI・人工知能研究。AI・人工知能が良質のエンタテインメント・コンテンツを創作することはできるのか?自身がリーダーを務める、人工知能が小説を書くプロジェクトを例にあげながら、その課題と未来像を語る。

    お申込み

    AI・人工知能でコンテンツ制作はどう変わる?
    ~人工知能とクリエイターが共存共栄する未来~

    (株)Qosmo 代表取締役 CEO 博士(工学)
    徳井 直生

    人工知能がDJになる音楽イベント「2045」やディープラーニングを用いた映像作品の制作など、人工知能技術を活用したコンテンツ制作で注目を集める徳井氏。「これからは人工知能と仲良くできるクリエイターが強い」と語る同氏が、自身のプロジェクトを解説し、人工知能とクリエイターの共存について語る。

  • ※敬称略。講師・プログラムの内容は変更になる場合もございます。